★【開催報告】原発事故子ども・被災者支援法に基づく具体的施策に関する東京フォーラム

9月5日(水)、衆議院第一議員会館多目的ホール(東京・永田町)にて、「原発事故子ども・被災者支援法ネットワーク」により、第1回支援法フォーラムが開催されました。同ネットワークは、原発事故の被害者、被災自治体、支援者の方々の声を丁寧に吸い上げ、政府の施策に反映させることを目的として、日本弁護士連合会、「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」、「東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)」の3者から成ります。  

 

★報告資料はこちら↓

●原発事故子ども・被災者支援法東京フォーラム速記録案  

★配付資料はこちら(一部)↓  

●原発事故子ども・被災者支援法への請願書(Happy Smile Fukushima)

●県民健康管理調査に関する要請書(FoE Japan,フクロウの会)

 

<開催案内>

本年6月21日、「東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律(原発事故子ども・被災者支援法)」が成立しました。
 
本法律に基づく具体的な施策については、今後政府の計画や政令等で定められることになりますが、日本弁護士連合会では、被害者、被災自治体、支援者の方々の声を丁寧に吸い上げ、政府の施策に反映させることを目的として、「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」、「東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)」との間で「原発事故子ども・被災者支援法ネットワーク」を設立いたしました。
 
このたび、本支援法ネットワークの主催により、議員会館において、被害者及び被災自治体等の方々の切実な訴えを国会議員に届け、政府に真に被害者の求める支援策を実現させるために本フォーラムを企画しました。
 
是非とも多くの皆様にご参加いただけますようお願いします。
 

◆日時  2012年9月5日(水) 17時~19時
◆場所  衆議院第一議員会館1階多目的ホール 

◆参加費 無料

◆お申し込み   http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2012/120905.html
 上記リンクのチラシにご記入の上FAXまたはメールでご連絡ください。

◆内容(予定) ※プログラムは変更される場合があります
 ・開会挨拶
 ・支援法ネットワークからの問題提起
 ・被害者・被災自治体・支援者等からの要望
 ・国会議員の発言 

◆主催 原発事故子ども・被災者支援法ネットワーク 

◆問い合わせ先 日本弁護士連合会 人権部人権第二課
 TEL:03-3580-9956/FAX:03-3580-9957
 MAIL:jfba-saigai-honbu@nichibenren.or.jp
 (※スパム対策として、@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。)