2012年

9月

30日

★【開催案内】公開セミナー「政策提言 原発避難者支援」(東京)

さる6月に「原子力事故子ども被災者支援法」(略称)が成立しました。しかし、同法は基本法的位置づけで具体的な支援内容については、これからの議論です。同法の成立に尽力された参院議員川田龍平さんの政策秘書・平戸潤也さんと「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN:サフラン)」の中心メンバーである弁護士の河崎健一郎さんをお招きし、この法律に魂を吹き込む諸施策について考えます。

また、阪神・淡路大震災以降、広域避難者の支援について議論を進めてきた関西学院大学災害復興制度研究所の主任研究員山中茂樹と日本災害復興学会復興法制度研究会の座長・津久井進弁護士が今後の巨大災害で発生するであろう広域避難者の支援も視野に入れ、どのような支援策が必要か政策提言をいたします。

チラシはこちら

◆日時:9月30日午後1時半~5時半(開場:午後1時)
◆会場:東京駅日本橋口サピアタワー10F関西学院大学東京丸の内キャンパス
◆主催:関西学院大学災害復興制度研究所
◆共催:日本災害復興学会
◆協力:東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
     福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN:サフラン)

◆出演者・内容
・国会議員秘書 平戸潤也 「原発事故子ども・被災者支援法~成立過程から基本方針策定とその後の道筋」
・弁護士 河崎健一郎 「原発避難の現状と今後の課題 ~原発事故子ども・被災者支援法の成立を受けて」
・関西学院大学 山中茂樹 「棄民を許さない広域避難者支援制度の構築を」
・弁護士 津久井進 「避難者支援と個人情報の共有について」(仮題)

◆事前申し込みが必要(入場無料)
【申込方法】参加ご希望の方は氏名・連絡先(Emailアドレス 又は電話番号)と「第4回公開セミナー」と明記の上、下記アドレスまでメールにてお申し込みください。fukkou-entry@kwansei.ac.jp