2012年

11月

28日

★【開催報告】対話集会「原発事故子ども・被災者支援法」を活かして!市民からの提案(東京)

11月28日市民会議が開催した院内集会の当日配付資料および基本方針に関する要望と提言は以下の通りです。


院内集会表紙
表紙.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 7.8 KB
20121126基本方針に関する質問
資料1.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 13.8 KB

20121128支援法に関する要望
資料2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 8.4 KB
20121128基本方針に関する要望と提言
資料3.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 69.1 KB

20121128避難者の住宅支援(要望署名)
資料4.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 10.0 KB

★動画★

IWJさんによるアーカイブはこちら(会員のみ、もしくは有料で閲覧)

 

★開催案内★

今年6月21日に成立した「原発事故子ども・被災者支援法」を知っていますか?
東京電力福島第一原発の事故によって、被害を受けている子どもや住民に対する「避難の権利」を認め、健康面や生活面を支えることを目的に作られた画期的な法律です。
法律は成立したものの、具体的な政策が実施されるのはこれから。被害者の声を反映させ、より良い支援策を実現する必要があります。
この法律を活かすには市民の力が必要です。
私たち、「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」はこうして発足しました。
成立から5カ月。「原発事故子ども・被災者支援法」はまだ現実には実施されていません。もう待てません!
政府と市民とで対話を通じて、十分な被災者支援を実現していくため、緊急対話集会を行います。
◆日時 平成24年11月28日 14:00~16:30
スケジュール
14:00~14:30 事前集会:市民・国会議員による情報共有、戦略打合わせ
14:30~16:00 政府・市民による対話セッション
 ※復興庁からの出席を予定しています。
 ※冒頭に市民側からの要請書の提出を行います。
16:00~16:30 まとめ&記者会見


☆対話セッションテーマ(予定)☆
○住宅借上制度打ち切りと福島の現状
○支援対象地域
○被災者支援の内容
  ・「移動」支援~高速道路の無料化など
  ・「住宅」「雇用」支援
  ・「保養」支援
○被ばく管理・健康管理・医療支援

◆会場 参議院議員会館講堂(最寄駅:東京メトロ・永田町駅、国会議事堂前駅)
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
◆主催:原発事故子ども・被災者支援法市民会議
◆資料代:500円 (市民会議へのカンパ歓迎)