2013年

1月

21日

【開催案内】アドボカシーカフェ 「原発事故子ども・被災者支援に必要な施策を考える」(東京)

被災者や市民団体、超党派の議員が一体となって立法化した「原発事故子ども・被災者支援法」が制定されて半年がたちました。

支援法は、被害を受けている子どもや住民に「避難する権利」「住み続ける権利」「故郷に戻る権利」「健康管理と医療を受ける権利」などを認めた画期的な法律ですが、そうした権利を当事者の健康・生活を支える施策として保障し、具体的に活用できるようにしなければ、絵に描いた餅に過ぎません。

被害者の声を反映させ、より良い支援策を実現するための活動が、被災地をはじめ全国各地で展開されていますが、残念ながら、いまもって具体的な施策は実現されていません。

ソーシャル・ジャスティス基金が主催する「アドボカシーカフェ」、今回は支援法の活用をめざしている市民団体からの問題提起と、参加者のみなさんとの対話をとおして、子ども・被災者が求めている必要な施策について考えます。

皆さまのご参加をお待ちしています。

 

◆日時:  2013年 1月21日(月) 18:30~21:00 (18:15開場)

◆会場:  四谷地域センター 11階集会室 >地図

       新宿区内藤町87 (丸の内線新宿御苑前駅 徒歩5分)

◆パネリスト: 

       渡辺 瑛莉(FoE Japan)

       増子理香さん(つながろう!放射能から避難したママネット)

       大河内秀人さん(ソーシャル・ジャスティス基金、江戸川子どもおんぶず、原子          力行政を問い直す宗教者の会)

◆参加費:800円

◆主催:  ソーシャル・ジャスティス基金

◆申込み・問合せ: ソーシャル・ジャスティス基金 >申込みフォーム

       メール:info@socialjustice.jp 

       TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250