2013年

5月

11日

★【開催案内】原発事故子ども・被災者支援法フォーラム(福島市)

◆企画趣旨:

震災・原発事故の発生から2年が経過しました。復興の槌音が高らかに響く傍らで原発事故に伴う被災者・避難者の暮らしは追い込まれています。そうした中、昨年6月国会において、どのような選択をした場合にもその選択を擁護する立場に立った「原発事故子ども・被災者支援法」が、全会派共同提案・全会一致で成立をしました。この法律は被災地の子どもの生涯にわたる無料の健康診断や、医療費の減免規定を含み、「被ばくを避けて暮らす権利」の実現に向けて大きな一歩を踏み出すものでしたが、その具体的な内容は政府の定める「基本方針」に委ねられることとなりました。この「基本方針」の策定が進みません。法制定から一年近くが経とうとする現時点においても、策定の目途が全く立っていません。折角の法律も、このままでは骨抜きとなってしまい、被災者・避難者の「くらし」「からだ」「こころ」の負担は積み重なる一方です。いまこそ、心の波紋を乗り越え、幅広い声を結集し、福島の地から、「基本方針」の早期策定と、子ども・被災者支援法に基づく「支援施策」の充実を求める声を上げていきましょう。

 

◆日時: 5月11日(土) 13時~16時

◆場所: 福島大学L4教室

◆主催: 同フォーラム実行委員会

(日弁連,JCN,市民会議からなる原発事故子ども・被災者支援法ネットワーク を中心とした有志企画です)

◆協力: 子ども・被災者支援議員連盟(荒井聡会長,荒井広幸会長代行,谷岡郁子幹事長,川田龍平事務局長 ほか)

◆後援: 福島大学災害復興研究所,関西学院大学災害復興制度研究所

◆パンフと企画案はこちらから

(パンフ) http://xfs.jp/PxHgh

(企画案)http://xfs.jp/vfbme
◆内容 

1.実行委員長挨拶    熊坂義裕  

2.実行委員会からの挨拶  日弁連副会長  

3.来賓挨拶      国会議員,首長,議長等  

4.基調講演      木田光一  福島県医師会副会長   「福島の医療現場の声を踏まえた支援法の活用」  

5.当事者発言  菅野正寿/安斎牧子/高村美春/中手聖一/井川景子 

6.パネルディスカッション    

栗田暢之    愛知県被災者支援センター所長  

崎山比早子    元放医研研究員,国会事故調委員  

大城聡      弁護士  

尾松亮      『3・11とチェルノブイリ法』著者(打診中)  

福田健治(進行)  弁護士  

木田光一(総括発言)  

熊坂義裕(総括発言)  

7.ゲスト発言  ヤンギー・リー教授  国連子どもの権利委員会前議長 

全体司会      河﨑健一郎  弁護士 
◆お問い合わせ:

東京千代田法律事務所  東京都千代田区神田須田町1丁目3 NA  ビルディング4F

TEL  03-3255-8877