★【開催案内】支援法郡山フォーラム『いま届けたい、ママたちの想い~子ども・被災者支援法を活かすために必要なこと~』(郡山市)

昨年6月に国会で成立した原発事故子ども・被災者支援法。

聞いたことはあるけれど、自分たちの生活にどのように関わってくるの?

理念法で具体的な中身はこれからと聴くけれど、今どうなっているの?

そんな声が多く聴かれます。

このたび、法制定に深く関わり、制定後も支援法の実現を後押ししてきた立場から、支援法の現状と課題をお伝えします。

また、福島県県民健康管理調査の現状や問題点を提起し、支援法との関わりについて考えます。

そして、郡山からのママたちの声を、政府や国会議員に届けます。

皆さん、ふるってご参加ください。

 

◆日時:5月17日(金)13:30~15:00
◆会場:ミューカルがくと館 2F中ホール(住所:郡山市開成一丁目1番1号) 

   地図:http://p.tl/z0gT

 

◆参加費:無料

◆定員:80名(予約不要)

 

◆内容(予定):

・子ども・被災者支援法の現状と課題

・健康管理問題の現状と課題

・当事者からの声

・会場発言

※政府・国会議員にも声をかける予定です。

 

◆主催:原発事故子ども・被災者支援法市民会議
◆協力:3a!郡山(安全安心アクションin郡山)

◆お問い合わせ:

・原発事故子ども・被災者支援法市民会議事務局(FoE Japan気付)

tel:03-6907-7217(平日10:00~19:00) 担当:渡辺、満田

・3a!郡山(安全安心アクションin郡山)

tel:024-922-3367(平日10:00~18:00) 担当:野口

 

☆原発事故子ども・被災者支援法市民会議とは?☆

原発事故子ども・被災者支援法について、その運用に原発事故被災者の声を反映させ、被災者のための具体的な支援策を実現することで、福島原発事故に起因する放射線被ばくを低減し、放射線の健康等への影響を回避することを目的とする当事者・支援者団体のネットワーク。関東・東北を中心に54団体が参加。http://shiminkaigi.jimdo.com/