★【開催案内】11/15(金)原発事故子ども・被災者支援法 北海道フォーラム ~ 北海道が切り開く原発事故後の未来 ~

昨年6月に国会で成立した「原発事故子ども・被災者支援法」は、原発事故によって一変してしまった、人びとのくらし、こころ、からだを守り支えるために、全国会議員・全会派が賛成しできた法律です。

支援法は、とどまる、避難する、帰る、という個々の選択権を認め、それぞれの選択に応じて、国が支援を行うことが定められています。健康被害の未然防止や医療の保障、子ども・妊婦さんへの特別な配慮も謳われています。

 

しかしながら、10月11日に政府が閣議決定した基本方針は、被災者・避難者・支援者の意見が反映されたものとは言えず、法の趣旨にも反しています。

 

北海道には現在登録されているだけでも2800名もの避難者がいます。放射能の影響を懸念して、福島県だけでなく、関東や宮城県等からの自主避難者も数多くいます。最終的には移住を視野に入れているという家族の割合が多いのも、北海道避難者の特徴といえます。

 

支援法北海道フォーラムでは、福島県⇔福島県以外、移住希望⇔一時避難、札幌⇔地方等、さまざまな避難者の現状と考えをお伝えします。また、保養や避難者受け入れで奔走する北海道の人びとの思いを、実例を交えて語っていただきます。

 

そして、避難者にとっての自立とは何か、またその支援のあり方を、ともに考える機会とし、そのなかから、支援法の今後の発展と運動の方向性を見出していきたいと思います。

 

ひとりでも多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 

※議員、知事、札幌市長、各支援団体、市民に幅広く参加を呼びかける予定です。

日 時

2013年11月15日(金)13:30~17:00 (開場13:00)           

場 所

北海道クリスチャンセンター大ホール >地図

〒060-0807 札幌市北区北7条西6丁目(最寄:JR札幌駅)

主 催 原発事故子ども被災者支援法市民会議
協 力

札幌むすびば、みちのく会、ようこそあったかい道、福島の子どもた

ちを守る会・北海道、、NPO法人北海道NPOサポートセンター、

北海道NPO被災者支援ネット、社会福祉法人札幌協働福祉会、

コープ札幌、北海道YMCA、ピーチハート

後 援

北海道、札幌市、福島県北海道事務所、札幌弁護士会

お問い合わせ

札幌むすびば

s-kaigi[a]musubiba.r35.me

◆原発事故子ども・被災者支援法市民会議

Tel: 03-6907-7217(平日10:00-19:00、FoE Japan内) 

Adress: 東京都豊島区池袋3-30-22-203

E-mail: shienhou.shiminkaigi[a]gmail.com

プログラム

(※出演者調整中。プログラムは変更する場合があります)

13:30-13:50

〇現状報告 支援法市民会議より(計20分)

 

13:50-14:50

〇第1部 北海道避難者報告(計60分)

・札幌 自主避難者住宅自治会の宮城からの避難者

・函館 福島からの避難者

・旭川 福島からの避難者

・長沼 栃木から定住希望の避難者

※休憩10分間

 

15:00-15:50

〇第2部 北海道支援者報告(計50分)

・行政の立場から 北海道

・行政の立場から 札幌市

・公的支援の立場から 復興庁委託事業「県外自主避難者等への

情報支援事業」

・保養から保養施設設立へ 福島の子どもを守る会

・複合的な避難者支援 東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌

(通称:むすびば)

※休憩10分

 

16:00-16:50

〇第3部 意見交換会(計50分)

・問題提起 避難者への問題提起【市民会議・中手聖一】

・問題提起 支援者への問題提起【市民会議・東田秀美】

・グループ討議【ファシリテーター・市民会議から】

 

16:50-17:00

〇まとめ・閉会

北海道フォーラム.jpg
JPEGファイル 145.4 KB
20131115北海道フォーラムラフチラシ2.pdf
PDFファイル 106.7 KB